« 栗きんとん | トップページ | 脳の科学者と『赤毛のアン』 »

2009年10月15日 (木)

♪「乙女の祈り」は17歳の少女によって作曲されたそうです

 ピアノの名曲♪「乙女の祈り」は、ポーランドのテクラ・バダジェフスカという女性が17歳の時に作り、出版されたのだそうです。

 楽譜は100万部以上も売れたとのことですから、まさにミリオンセラーですね。

 でも、ポーランドで,このピアノ曲や作曲者のことを知っている人には会えなかったと、知人の音楽の先生はおっしゃいました。

 バダジェフスカは、1834年にワルシャワに生まれ、1861年になくなっています。27歳の生涯・・・♪「乙女の祈り」「天使の祈り」「母の祈り」(結婚して5人の子どものお母さんになったそうです)、「田舎小屋の思い出」」「かなえられた祈り(乙女の祈りへの答え」など、30曲以上の美しい曲を短い生涯で残しているそうです。

出典  『おはなしできく 名曲絵本』  文 おおたに みねこ 絵 渡辺 憬 河合楽器製作所 2008年10月1日 第一刷 発行

Ca390001   この本には、バダジェフスカの作品を集めたCD

 発売 キングインターナショナル KKCC-3019  「かなえられた乙女の祈り ~ バダジェフスカ作品集 演奏 ユリヤ・チャプリーナ 2800円 

 が紹介されています。 私も入手したいと思っています。

 クラシック音楽の歴史の中で、女性の作曲家は、バダジェフスカとクララ・シューマンの二人しか思い浮かびません。 私の不勉強のせいかもしれませんけれど。

 すぐれた演奏家は、たくさんたくさんおられますよね。

 クララ・シューマンの夫、シューマンのトロイメライはホロヴィッツがアンコールで好んで弾いた曲だそうです。 トロイメライ ・・・ 夢 ・・・  ピアノの小品は、短い曲ですが、中身が小さいわけではない ・・・ そんなことを思います。

 しっかりと練習を重ねて、さりげなく演奏できるようになりたいと願っています。

 そういう曲に出会えること自体、とても幸せなことではないでしょうか。

 よい日となりますように。

 

|

« 栗きんとん | トップページ | 脳の科学者と『赤毛のアン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪「乙女の祈り」は17歳の少女によって作曲されたそうです:

« 栗きんとん | トップページ | 脳の科学者と『赤毛のアン』 »