« 女性ピアニストとミステリー | トップページ | 秋の食卓 »

2009年10月22日 (木)

ノックされる窓

 ノックされるのは、たいていはドアなのですが、今回は、窓としました。

 それは ・・・

 10月22日、「ウインドウズ7」という新しいOS(パソコンを動かす基本ソフト)が登場するからです。 ウインドウズときたら、やはり、窓ですよね。

 「ウインドウズ7」は、「ウインドウズVista」そしてその前の「ウインドウズXP」の後継者なのです。

 「ウインドウズVista」は、それなりにすぐれた点をもっているのですが、あまり評判がよくありません。大きな企業も、「ウインドウズXP」から切り替える費用に見合うだけのメリットがない、と判断して、「ウインドウズXP」を使い続けているところがあるほどです。

 「ウインドウズ7」は、「ウインドウズVista」で不評だったところ・・・パソコンに負担をかけ、動きが遅い というところに改良を加え、使い勝手を向上させ、しかもVistaより軽快に動くというのが前評判です。

 その「満を持しての発売が10月22日というわけです。

 ただし、車でいうと既にかなりの期間をかけて試乗テストが重ねられてきましたが、実際に道路を走り出すと今までの試乗テストの規模をはるかに超える本番のドライブが始まり、寄せられる事例を検討しながら不具合の修整に半年から一年かかるというのが今までの例のようです。

  私は、「ウインドウズ7」のノックは聞き流し、「ウインドウズXP」を使い続けて、マイクロスフト社が「ウインドウズXP」の延長サポートを終了する数年後(2014年4月でしたか)に、「ウインドウズ7」に切り替える心づもりでいます。

 「ウインドウズXP」でのいろいろなソフトを互換バージョンで動かせるグレードのものが「ウインドウズ7」の中にるようなので、そのグレードのもので使おうと考えています。

 もちろん、数年後、まだパソコンに向かう元気が備わっていればの話です。最新のOSに飛びつく必要も、わくわく感もなく、地道に歩みつつ、パソコンを便利に使える道具として、お金はあまりかけずに対応していこうという構えです。

 まだ使える現在の「ウインドウズXPパソコンを活用しないと、自分の身と似通うところがあるからか、かわいそうな気がしますし。 いえ、身につまされるとか、そういうことでもないのですけれど、どっこい、生きているという在り方って、悪くないじゃありませんか。

 関心のない方には退屈な内容だったかと思います。すみません。

 Ca390022 わが家の庭の植物たちの写真をお詫びに添えさせていただきます。 今日もよい日となりますように。

Ca390020

|

« 女性ピアニストとミステリー | トップページ | 秋の食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノックされる窓:

« 女性ピアニストとミステリー | トップページ | 秋の食卓 »