« 教育の実りを見る喜び | トップページ | ふるさと、高山で »

2009年11月 8日 (日)

♪ファミリーコンサート

Ca390031  11月8日・・・朝の礼拝後、14時から私の所属する教会には三か所の会堂があるのですが、その一つで聖歌隊、そして、日本女性とアメリカ女性それぞれの歌、さらに男声合唱というファミリーコンサートが開かれます。

  もし、お時間がありましたらぜひおいでください。

  私は、男声合唱の一曲の伴奏をさせていただくのですが、7日の午後に指揮、合唱団との練習に参加して、たいへん学ぶことがありました。

 というより、学ばせていただくことが多くあって、その課題の大きさに小さな胸、大きなおなかは(めずらしく)緊張しました。 いえ、だいたいにおいて、私は緊張すべきときに緊張することを控えているところがあるので、本当に大事な体験をすることができたのです。

  歌い手たちと息を合わせてピアノを弾く ・・・ 一言で言うとそういうことなのですが、息詰まる張り詰め方をすると行き詰まってしまうので、音楽の流れをともに感じながら一つになることの大切さを痛感いたしました。

 あるときにできたら、それ以降は大丈夫というものではなく、まさに一回、一回音楽はなまもの、生き物なのだと、身にしみて感じました。

 以前に書かせていただいたことがあるかもしれませんが、あるピアノの先生がお弟子さんに語った言葉を思い出します。

 「あなたが演奏に際して緊張したり、不安に陥ることは、もちろん理解できます。けれど、お客さんまで不安におとしいれる必要は、まったくありません。」

 すてきな先生だと思いました。

 それはそれとして、ファミリーコンサートに来てくださる方がおありでしたら、どうか伴奏ではなく、歌い手たちにご注目(耳も・・) くださいますように。

 今日もよい日となりますように。

|

« 教育の実りを見る喜び | トップページ | ふるさと、高山で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪ファミリーコンサート:

« 教育の実りを見る喜び | トップページ | ふるさと、高山で »