« 「エコ」  | トップページ | 久しぶりの畑主任・・・ »

2009年11月21日 (土)

夜叉が池の初雪

0013  私にパソコンのまったくのイロハから教えてくださった師が、ご夫妻で「夜叉が池」に行かれ、その折りに撮影された写真をブログに載せてもよいですよ、と許可してくださいました。11月3日 ・・・ ちょうど初雪が降ったのですね。

 夜叉が池については,伝説もあり、映画にもなりましたが、私はまだ行ったことがありません。駐車場から1時間半ほどだそうですが、体を鍛えて、新緑の頃には行ってきたいと思います。

 あるホームページで,夜叉が池について調べてみました。一部を引用させていただきます。http://www.geocities.jp/ootaka502/yashag.htm

 「安八太夫の娘 夜叉姫 の悲しい伝説の池、夜叉が池は、揖斐郡坂内村と福井県の県境 尾根西にあり、西濃では伊吹山の次に多くの登山者が訪れる山域です。休日は、池の畔は登山者が一杯で、ニッコウキスゲの咲く夏と紅葉シーズンには、特に混み合います。
 ここは、若狭から伊勢湾に抜ける風の通り道となっており、季節風の強いときは大変な強風が吹き、池の上に出来たつむじ風が、水面から水を巻き上げることがあるそうです。
 夜叉姫が潜んでいる池は、美人を嫌うそうで、美人がやってくると夜叉姫が嫉妬をして俄かに天候が崩れるという言い伝えもあります。 
 坂内村池の又谷には広い駐車場があります。
 駐車場の奥に登山口があります。一旦ここから沢に降り、沢伝いに渡渉を繰り返しながら暫らくいくと尾根を巻く急登となります。ここを超えると、せせらぎの音が聞こえるほぼ平坦な登山道となり、やがて滝が見えてきます。」

 ・・・ うーむ、美人とその同伴者は天候が崩れることを覚悟して、対応できる装備をして臨んでくださいますように。

 暑い夏には熱いお茶を飲むのがよいそうですから、冬に備えて初雪の景色を観賞するのもよいのではないでしょうか。

0014  寒さに向かうこの頃ですが、今日もよい日となりますように。

|

« 「エコ」  | トップページ | 久しぶりの畑主任・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜叉が池の初雪:

« 「エコ」  | トップページ | 久しぶりの畑主任・・・ »