« 体重計 | トップページ | クリスマスシュトーレン »

2009年12月 8日 (火)

コンピュータ・ウイルス

 新型インフルエンザのウイルスはあなどれません。

 そして、コンピュータ・ウイルスも ・・・ ちょっとした隙を狙っていったんパソコンOSソフトの大事な心臓部 ・・・ win32というファイルがそれにあたるのだそうですが、そこでインターネット上のウイルスを呼び寄せたり、正しくて必要なファイルにウイルスの仮面をかぶせて、ウイルス対策ソフトの攻撃・防御対象にしてしまったり ・・・  これを駆除するのは、なかなか難しいことです。

  コンピュータ・ウイルスには、それを作成した人物がいます。どんな表情をして、ウイルスを計画し、時間と知恵を注いで完成させるのでしょう。

 コンピュータ・ウイルス作成者の意図がどうあろうと、それにむざむざと屈することはありません。実際に対策ソフトが日夜開発され続けています。

 ウイルスの仕組み、対策ソフトの仕組みは私には分かりません。でも、知恵と時間は、ウイルスを作って多くの人を困らせ、大切な仕事を遮ったり、滞らせたりするためではなく、よい目的のために用いたいと思います。

 ※ そんなことを考えながら、今、すぐれた技術者の助けを借りて、コンピュータ・ウイルスをあるパソコンから駆除するために取り組んでいます。 

 そういえば、繕い物を題材にしたこんなことわざがあったように思います。

 時にかなった一針は、後に必要な九針を救う  

・・・ これからへの貴重な教訓を得ました。  さて、今日もよい日となりますように。

|

« 体重計 | トップページ | クリスマスシュトーレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ・ウイルス:

« 体重計 | トップページ | クリスマスシュトーレン »