« コンピュータ・ウイルス | トップページ | りんごのリース »

2009年12月 9日 (水)

クリスマスシュトーレン

Ca390019 Ca390020            ドイツのクリスマスシーズンのお菓子、シュトーレンがふるさと高山から届きました。

 フルーツがたっぷりと入っています。

 薄く切って、クリスマスまで少しずつ味わいながら楽しんで食べるのが本道だそうです。

 でも、写真にしっかりと写るように、思い切ってエイヤッと厚切りにしていただきました。

 うーむ、そのおいしかったことおいしかったこと ・・・

 トラン・ブル ・・・ (ブルートレインをフランス語で言うとこうなるのだそうです)というお店

Ca390001 Ca390006 は、写真で見ていただくと、こんな感じです。おいしくて評判なので、このシーズン、せっせせっせとシュトーレン、そしてそのほかのスイーツ、パンなどを焼き上げられるそうです。

  味わってみたい方は、トラン・ブルに注文されるか、もしくは、我が家に(まだ食べ終わってしまわないうちに)どうぞ。

  贈ってくださった方、ありがとうございます。

 初めて、このシュトーレンをいただいたときは、とても劇的でした。

  本を読んでいた家内が「ドイツにはクリスマス・シュトーレンというお菓子があって、それを食べながらクリスマスを待つんだって。」「ふーん、どんなお菓子だろうね。」「食べてみたいねぇ。」というような会話を交わしたとたんにチャイムが鳴って「お届け物でーす」と宅配便が届き、何と、その時初めて名前を知って話していたシュトーレンが現れたのです。

 人生にこういう瞬間は、そうそうあるものではありません。

 というわけで、今日のブログは、多くの方に絵に描いたお餅を見ていただいているような申し訳ない面もありますが、寛容の心でお許しください。

 皆様もおいしい物に出会うなど、よき日となりますように。

|

« コンピュータ・ウイルス | トップページ | りんごのリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスシュトーレン:

« コンピュータ・ウイルス | トップページ | りんごのリース »