« 深い井戸の水を汲む | トップページ | 温かい配慮 »

2010年1月30日 (土)

みちのくの旅

 お待たせしました。わんこそばに、私、ムーミンパパは挑戦したでしょうか。

 実は、ここしばらく、息子家族のいる盛岡に滞在しておりました。

 わんこそばには、今回は挑戦しませんでした。機会を作れば作れないことはなかったのですが、もし行けば、三桁の数字・・・100杯を越えることに挑んでしまいそうな私なのです。

 盛岡で乗った体重計 ・・・ デジタルなのですが、ここしばらくの間で最もスリムな数字を示したのです。岐阜へもらって帰ろうかと思ったほど、少なめの体重を表示してくれた体重計でした。これが、わんこそばに挑戦という思いにブレーキをかけてくれたのかも知れません。

 けれど、帰りの車中では、「イーハトーブ花巻」という駅弁を堪能しました。

Ca390086 Ca390088         実は、行きの車中にあった旅行誌の最初のほうにこの弁当が紹介されていたので、帰りには、ぜひと思っていたのです。

  ウニ、鮭、牛肉、そして、そばも入っており、たいへん魅力ある地産地消のお弁当でした。詳しい材料名も分かっているのですが、皆様の食欲をかき立ててどうする、ということにもなりますので、写真を目で味わっていただくことで・・・。

  岐阜に戻って、我が家の体重計に乗りましたら、盛岡のような数値は出ないのです。・・・原因は、分かりました。時差・・・ 旅に出る前に節制した効果が盛岡で出た数字で、盛岡で心づくしの料理を心ゆくまで賞味した結果が、帰宅してから出ているのです。わざわざ、体重計を送ってもらうには及びませぬ。

 うーむ、我ながら、みごとな分析力 ・・・ でも、それを生かしてスリムなスタイルになるようにしなければいけませんね。

 体重の後遺症の話はそこまでにして、久しぶりに会った孫娘たちが今頃はなにをしているかなぁと考えている自分に気づくことが、しばしばです。こういう後遺症には、どう対応したらよいのでしょうか。

 思い出とバックミラーは、見とれてしまうためではなく、よりよき前進のためにある・・・また、孫たちに会うとき、私自身も成長しているように、地に足を着けて歩んでまいります。

 明日は、日曜日、キリスト教会へお出かけくだされば嬉しいです。

 今日も、よい日となりますように。    

  

|

« 深い井戸の水を汲む | トップページ | 温かい配慮 »

コメント

夢のように楽しい嬉しい日々で、わんこそばだけでなく、あれもこれも、もっと一緒にやりたかった、見せたかったと、早くも次回への課題たっぷりです。またの来盛、心からお待ちしています。

投稿: 盛岡より | 2010年1月30日 (土) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの旅:

« 深い井戸の水を汲む | トップページ | 温かい配慮 »