« 冬の朝のフロントガラス | トップページ | 干し柿 »

2010年1月10日 (日)

星とたんぽぽ

星とたんぽぽ  金子みすゞ

青いお空の底ふかく、
海の小石のそのやうに、
夜がくるまで沈んでる、
晝(ひる)のお星は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼にみえぬ。
  見えぬけれどもあるんだよ、
  見えぬものでもあるんだよ。

 岐阜市を流れる長良川 ・・・ その長良川と金華山が一体となった景観は、すばらしいです。

 1月7日の朝、金華山頂は、雪に包まれていました。けれど、そこには、まぎれもなく岐阜城が存在していました。

Photo Photo_2

  「見えぬけれどあるんだよ 見えぬものでもあるんだよ」

 今日は、日曜日 ・・・ 神様を直接見ることは、人にはほとんどできません。けれど、神様のおつくりになったこの世の被造物によって、目には見えない神様を人は知ることができます。

 今日は日曜日、キリスト教会では聖書に基づいて神様からのメッセージが牧師先生を通して語られます。 どうぞ、礼拝におでかけくださいますように。

 よき日となりますように。

聖書のことば   ローマ 1章 20節

 世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。

  

|

« 冬の朝のフロントガラス | トップページ | 干し柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星とたんぽぽ:

« 冬の朝のフロントガラス | トップページ | 干し柿 »