« スナフキンとの出会い | トップページ | 立春の雪 »

2010年2月 4日 (木)

大根は千両役者

 大根をいただきました。

0005_2

 ごらんのように、ずっしりとした、存在感を備えています。

 家内は手際よく、下の写真のように料理してくれました。

0003_2

 湯気が立ち、ほっこりとしています。

 「大寒」の日が暖かだったので、「立春」は、バランスをとるように寒い日になるのでしょうか。

 ご存じのように「大根役者」ということばがあり、素人(しろうと)の「しろ」にひっかけたのだとか、やたらおしろいを塗るからだとか、まず食あたりしないのが大根なので、芝居に出ても当たらない役者をからかったのだとか 、いわれは幾つかあるようです。

 けれど、おでんにしても、フロフキ大根にしても、美味で、あたたかい大根は、千両役者ではないでしょうか。

 たいへんおいしくいただきました。ありがとうございます。

 このブログを開設させていただいているココログ、写真が大きく出るようになり、レイアウトもご覧のように広がりが出てきました。ココログの関係者にお礼申し上げます。

 岐阜市では、瓦の屋根がうっすらと雪化粧した立春の朝となりました。

 今日も、よい日となりますように。

|

« スナフキンとの出会い | トップページ | 立春の雪 »

コメント

お気に入りより「ムーミン・・・」クリック。ドキッ!
誰かさんの足かと?
「大根足」「大根役者」などイメージは?
でも大根って、お料理色々、消化を助け・・
奥様のお料理美味しそう~ですね。

※ ムーミンパパより
 楽しいコメント、ありがとうございます。
 心に届く邦楽の名手であるよこ先生、きっとお料理もお上手だと思います。
 小雪が舞う立春の朝、どうぞ、あたたかくして、よい日をおすごしくださいますように。

投稿: よこ | 2010年2月 4日 (木) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大根は千両役者:

« スナフキンとの出会い | トップページ | 立春の雪 »