« 文化は人の心を高めるためにある | トップページ | 河合隼雄さんの世界 ・・・ 大きな山脈 »

2010年3月 1日 (月)

いざ、弥生の空のもとへ

  いよいよ、三月。

  学校での場面を思い浮かべますと、卒業の月です。 

  別れの月でもありますが、新しい出会いへの準備が進む月でもあります。四月は、新人としての就職、入学、進級などなどの月ですから。  

 それは、寒い季節を土の中で日々を過ごして来た種、球根などがその日々に培った力を生かして春の陽射しの中で花開かせるのに似ているかも知れません。

  最近、こんな言葉に出会いました。

 古木 ・・・樹は古いかも知れないけれど、咲かせる花は新しい

  いよいよ、三月 ・・・ よき日々となりますように。

 

 

|

« 文化は人の心を高めるためにある | トップページ | 河合隼雄さんの世界 ・・・ 大きな山脈 »

コメント

3月1日00時00分!
お忙しいのに、ブログに対する姿勢、
きっと全てに・・

 わたしも毎年、自分自身に、新しい花を咲かせたいです。

※ ムーミンパパより

 コメント、ありがとうございます。
 いえ、私など、のんびりと昼寝している鯨が波の上を漂っているような生活です。

  それはともかく、3月1日の未明にアクセスしてくださった方 ・・・ このブログののべ6万人目になられました。お礼申し上げます。 

  あおによし奈良の都は咲く花の薫うがごとく今盛りなり

 その日その日が、命の輝く時間 ・・・ この短歌のように、日々、花を咲かせて今を盛りとして歩めたら嬉しいですね。

投稿: よこ | 2010年3月 1日 (月) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ、弥生の空のもとへ:

« 文化は人の心を高めるためにある | トップページ | 河合隼雄さんの世界 ・・・ 大きな山脈 »