« 樋口通子(ひぐち みちこ)さんの講演会 | トップページ | [ »

2010年3月21日 (日)

河合隼雄『より道 わき道 散歩道』

0006 『より道 わき道 散歩道』河合隼雄著 創元社 2002年5月10日 第一版第一刷発行

 毎日新聞に毎月の第一日曜日に2000年1月から2年間に亘って執筆されていた文章を中心に収録されたものです。

  短い章からなっていて、案内される内容もフルートのこと、日本の古典のこと、ご専門の臨床心理のこと、読んで興味深かった本のことなど、本の題名通り、散策する気分でたどることができます。

 「私の長所」という章をご紹介します。 ある小学校で自分のよいところを五つ書きなさいと担任が課題としたところ、子どもたちは困ってしまったというのです。3分の1くらいの子しか書けなかったので、「家族と相談してください」と宿題にしたそうです。

 多くの子は、母親に相談したのですが、多くの母親は「よいところが五つもあるものですか」「よいところなど考えずに、悪いところを反省しなさい」「何をいい気なことを考えているの」などと反応しました。

 なかには皮肉たっぷりに「そうね、あなたはお母さんに優しくて、よく手伝いをしてくれるし、勉強も自分からどんどんするし」と言われて泣き出しそうになった子もいたそうです。

 これがアメリカなら、すらすらと全員が自分のいいところを書いて提出するだろう。

 日本人は大人も政治家を含めて反省が大好きだから、子どもも「自分のよくないところを五つ」と出されたらすらすらと書いたのではないだろうか。

 反省、謙遜、奥ゆかしさなどばかりをいっていないで、大人も子どもも自信の持てるように ・・・。

 さて、この宿題を出した先生は次の参観日で、お母さんたちがどのように子どもに答えたかという実例を多く示したところ、お母さんたちは大笑いしながら、お互いに母親としての気持ちはよくわかるけれど、「子どもたちをもっとほめてやらないと」と反省されたとのことです。

 さて、今日も、ご自分のよさを発揮してくださるよい日となりますように。

 今日は日曜日、キリスト教会におでかけくだされば嬉しいです。誰よりも、神様が喜んでくださいます。

 

 

|

« 樋口通子(ひぐち みちこ)さんの講演会 | トップページ | [ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河合隼雄『より道 わき道 散歩道』:

« 樋口通子(ひぐち みちこ)さんの講演会 | トップページ | [ »