« ボタンの花 | トップページ | 山に登る »

2010年5月 6日 (木)

竹の子ご飯

Photo  竹の子ご飯、そして山ウドの葉の天ぷらと同じく山ウドのきんぴらが食卓に並びました。

 竹の子も山ウドもいただき物です。

 おいしくいただくことができました。本当にありがとうございます。

  さて、ゴールデンウイークはいかがでしたか。

  楽しい思い出はとっておき、次の連休はいつだろうとカレンダーをめくることなく、ともかく、一日一日を前向きに歩んでまいりましょう。

 生きている ひとひ ひとひが 晴れ舞台

  明日は、あるところのデイサービスで、音楽療法を学んでいる仲間たちと初夏のコンサートを開かせていただきます。

 伴奏楽器の幅を広げるため、久しぶりにトランペットを引っ張り出しましたが、シャープな体型に鍛え上げないとシャープな音は出ないことを痛感いたしました。期間はあったのですが、あまりトランペットには取り組めていないので、別の楽器で代用するかも知れません。♪「水戸黄門の主題歌」の一番と二番の間の短いフレーズなのですけれど ・・・

 仲間たちは、こつこつと取り組み、特に季節の歌のメドレーはすばらしい女声コーラスで、聴いてくださる方々を魅了することと思います。

聖書 

  あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。 また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。 このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

 これは、クリスチャンに地の塩、世の光として神様をあかししなさいと語られているところです。

 でも、まだクリスチャンではない方も、ご自分の賜物を謙遜しすぎて秘めておくのでなく、周囲の方に喜んでいただけるように前向きに用いることが出来たら、神様はきっとそれを喜んでくださると思います。

 さて、今日もよい日となりますように。

|

« ボタンの花 | トップページ | 山に登る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹の子ご飯:

« ボタンの花 | トップページ | 山に登る »