« 詩 「ミミコの独立」 | トップページ | 明日は七夕 »

2010年7月 5日 (月)

ほうば寿司

0011  ふるさと、高山に行ってきました。写真は、「ほうば寿司」です。ほう葉というのは、朴(ほう)の木の葉のことです。

 葉柄をピン留めのように活用して、見た目にも美しくラッピングされています。

 えっ、中身が見たい ・・・ はい、次の写真をご覧ください。

0010  寿司ご飯、しょうが、鱒あるいは鮭、山椒の葉 などなど。

 ほうばの移り香も楽しみながら、美味しくいただきました。

 「ほうば餅」というのもあります。炭火などで焼くにつれてほうばがはがせるようになり、全部はがせるようになると、焼き上がりです。ほう葉に包まれていると、かびずに長持ちします。

 「ほう葉味噌」は、枯れたほう葉をアルミホイールのように使い、味噌にしょうがやネギなどを入れて炭火などの上で焼きます。焼き上がるとジュージューという音とともにほう葉と味噌の香りが漂います。高山の喫茶店などには、「ほう葉味噌定食」というメニューがあって、なかなかの人気です。

 うーん、ふるさとは、いいものですね。醤油味の「みたらし団子」も、いい味です。飛騨牛の肉の串焼きも、登場して久しいです。 あなたのふるさとの料理も、折りがありましたら教えてください。

 料理は、見るだけでなく味わってこそ本領発揮となりますが、目で味わうことで、おゆるしくださいますように。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 詩 「ミミコの独立」 | トップページ | 明日は七夕 »

コメント

東濃・瑞浪市よりこんばんは。
ほう葉寿司…私はこちらに来てから知った料理でしたので、てっきり東濃の料理だと思っていました。
東濃のはちらし寿司っぽいものが中に入っていた気がします。
ほう葉はそれこそ、ほう葉みそでしか知らなくて、お土産だとか旅館の朝食でしか見たことがなかったんですが…こちらにきたらよく生えてるので驚きました。
二年目…まだまだ新しく文化の違いを知ることがあります。
先日生徒から教わった「マムシは鰻より香ばしくておいしい」は実践する気になれませんが(笑)
秋には東濃大会もありますし、機会がありましたら是非東濃へもいらしてくださいね。

※ ムーミンパパより
 元気で、コメントをありがとうございます。
 お餅になる手前まで撞いているので、ぼた餅を「半殺し」と呼ぶ地方もあるのでしたね。
 秋の東濃大会、 実りある会となりますように。

投稿: tsuji | 2010年7月 5日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほうば寿司:

« 詩 「ミミコの独立」 | トップページ | 明日は七夕 »