« 多治見市 39度4分 | トップページ | ブドウの季節 »

2010年7月24日 (土)

相手を自分と同じ重さの存在として正対すること

 一つの国が、別の国の国民を力尽くで自分の国に連れて行き、その国の意図と目的を果たすために,人生をねじ曲げてしまう。命の生殺与奪の権利さえも握ってしまう。  これが、「拉致」の中身です。

 こんなことがあってよいはずがありません。

  自分の命と同じ重さで相手の命を尊重する ・・・ このことが実現しない世界は、平和な、手を携えて歩む社会を実現しえないと思います。

聖書 自分のして欲しいようにあなたの隣人にもしなさい

 このことばを、そしてそこに込められている真実の重さを受けとめることができますように。

 明日は,日曜日、キリスト教会では礼拝が行われます。どうぞ、ご出席くださいますように。  よき日となりますように。

 

|

« 多治見市 39度4分 | トップページ | ブドウの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相手を自分と同じ重さの存在として正対すること:

« 多治見市 39度4分 | トップページ | ブドウの季節 »