« 相手を自分と同じ重さの存在として正対すること | トップページ | アンデルセンの悲恋 »

2010年7月25日 (日)

ブドウの季節

  岐阜市の金華山近く ・・・ 長良橋の少し上流では鵜飼いが行われています。長良橋上流の長良川右岸では道沿いに何軒かの農家が季節の作物を販売しています。

  最近ブドウが店先に並ぶようになり、見る見る内にブドウを商っている店が増えてきました。それだけ急速にブドウが実りを結ぶようになってきた・・・そういう季節になったのですね。

  ブドウの季節が来てブドウが実を結ぶ ・・・ 当然のように思いがちですが、多くの労力、心配りがその年々の気候とブドウの木の状態に合わせて注がれていることを忘れない自分でいたいと思います。

木の実の実りと人生の実りを結んで語っている聖書の言葉を二つ紹介せていただきます。

聖書の言葉  

◇ 幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。
 まことに、その人は【主】のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
 その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。
   詩篇第一篇1節~3節

☆ わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。  ヨハネによる福音書 15章4節

  今日は日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくだされば、神様が喜んでくださいます。

 よい日となりますように。

|

« 相手を自分と同じ重さの存在として正対すること | トップページ | アンデルセンの悲恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブドウの季節:

« 相手を自分と同じ重さの存在として正対すること | トップページ | アンデルセンの悲恋 »