« 百合の花 | トップページ | 黄桃 »

2010年8月22日 (日)

ムーミン谷づくし

0023  ムーミン童話全集の2から4までを読みました。

 一巻ずつ、コメントを添えて書こうかとも思ったのですが、気を換えて、この三冊の題名を写真で紹介させていただくにとどめることにしました。

  お好きな方はご自分でお読みになるでしょうし、関心があまりない方に何回もこのシリーズが登場するのは興ざめだと思ったからです。

 ※ と、もっともらしく書きましたが、暑い日が続いて文章を書くことに「不熱中症」の症状が出ているのかも知れません。

0024   このシリーズを読んでいて初めて知って、少なからず驚いたのは、この物語の中のムーミンパパが捨て子だったということです。

 ムーミンママとは、ムーミンママが大きな波に乗って来たのを助けたという出会いになっています。そのときもママはハンドバッグを持っていたのでした。

 このママがムーミントロールを育てる構えには、おおらかな中に決然としたものがあって感心させられます。

 ムーミントロールのママに寄せる信頼は、実に大きなものがあります。ムーミントロールだけでなく、登場人物のほとんどがママを信頼しています。

0025   ママは、お皿が割れると、それを嘆くよりも、あまり気に入ってなかったのが割れてよかったと口にして周囲を安心させます。

 腹が座っているというのか、

落ち着いています。

 パパのほうは、まだ建てていない家を熱中するあまりもう実際に建てたと思い込んで、人を案内してきて「それで?」と相手に言われて、まだ地面に図面を書いただけだということに気がついたり、自伝を執筆して読んで聴かせたり、冒険に出かけたがったりしています。  うーん、パパとママの組み合わせは絶妙に思えます。

 ※ あくまでも、物語の中のムーミン家族について書いているのですから、現実の私や私の家族と混同しないでくださいね。 とにかく、これで8冊の内の半分まで来ました。

 今日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

よき日となりますように。

|

« 百合の花 | トップページ | 黄桃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムーミン谷づくし:

« 百合の花 | トップページ | 黄桃 »