« 『援助者必携 はじめての精神科』 その2 | トップページ | 丹精込めて ブドウ  »

2010年9月27日 (月)

秋の夕暮れ

0001  涼しくなって、わりと散歩が続くようになりました。

  ちょうど夕焼けぞらが広がる時間帯で、刻々と色の変わる様子に見とれました。

  年間をつうじてコンスタントに続けられるといいのですけれど。

  散歩だけでなく、生き方の軸として生活のなかにこつこつと形成し続けるものを貫けるようにと思います。

  楽譜をぱっとみて、速度記号、強弱なども含めて読み取ってピアノを弾ける方がおられます。そうしたことができるようになるまでの修練はどれほどのものだったかと、才能を含めて頭がさがります。

 遠く及ばない私ですが、初見で弾けなければ、何十回でも弾けるまで練習すればいいではないかと自分に言い聞かせて、練習に取り組むことにしました。

  もっと若い内、幼いうちにこうした気持ちで練習に取り組んで入れば、と思わないでもありませんが、そう思っている間にピアノに向かうことが大事なのだと考えて、今、ある曲に取り組んでいます。

 練習しても次の日になると、あまり頭にも指にも練習の記憶が残っていないのが残念ですが、何とか仕上げることができるようにと毎日、向かっています。成果が現れますように。

 今日も、進歩につながるよい日となりますように。

|

« 『援助者必携 はじめての精神科』 その2 | トップページ | 丹精込めて ブドウ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夕暮れ:

« 『援助者必携 はじめての精神科』 その2 | トップページ | 丹精込めて ブドウ  »