« 無欲・強欲 | トップページ | ♪夕空晴れて  »

2010年9月 9日 (木)

病んでいる友人に

 ある書物で、こんな詩に出会いました。今日も手術後の痛みと闘っている友人にお届けしたいと思います。

  しなう心

  苦痛のはげしい時にこそ
  しなやかな心を失うまい
  やわらかにしなう心である
ふりつむ雪の重さを静かに受けとり
  軟らかく身を撓めつつ
  春を待つ竹のしなやかさを思い浮かべて
  じっと苦しみにたえてみよう

   細川 宏 詩集より

  作者は緩和ケアのない昭和42年に胃がん末期のいたみとたたかって
若くして亡くなった医療関係の学者だそうです。

 今日は、9月9日 ・・・ 「苦」が重なっているともとれますが、中国では
重陽の節句という慶賀されている日だそうです。

 よき日となりますように。

|

« 無欲・強欲 | トップページ | ♪夕空晴れて  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病んでいる友人に:

« 無欲・強欲 | トップページ | ♪夕空晴れて  »