« 丹精込めて ブドウ  | トップページ | ショパン・コンクール »

2010年9月29日 (水)

つるべの綱

 ロープをつないだ桶をおろして井戸の水を汲む ・・・ これがいわゆるつるべ井戸ですね。

 そのロープが短いと、井戸の底の方にある水を汲むことができません。

 これは、いろいろなことに言えると思うのですが、今の私はあるデイサービスセンターを音楽療法の勉強をしている仲間と音楽訪問する日が近づいていますので、もっぱら自分の音楽の力の浅さに目が行きます。

 すてきな曲があっても、それを弾きこなす腕がないと、ロープが短くて深い音楽の泉のよさを汲むことも、伝えることもできないことになります。

 練習あるのみ ・・・ です。 これが結論です。

 自分の未熟さは、練習してぐんぐん伸びる時期にしっかりと練習しなかった報いですが、「それを言っちゃぁ 終しめえよ」(寅さんふう)ですので、たどたどと練習はしていますが、仲間のすばらしさについて書かせていただきます。

 ともに岐阜県音楽療法士を目指している仲間たちの内、今回のデイサービス音楽訪問のために練習しているのは7人です。

 どの人もピアノが弾け、そして本格的な声楽家あり、ヴァイオリニストあり、フルーティストあり ・・・ そして、練習熱心で、仕事の調整をして長時間掛けて練習会場までやってきます。

 温かい雰囲気で練習しますが、「ここは、こうしたら」という考えは、遠慮せず出し合います。

  とは言っても、一番高齢の私には、指摘したいことも我慢してくださっているので、その点は申し訳なく思います。あまえずに練習して恩情に報いるしかありませんよね。 辛抱強い仲間たち ・・・ありがとうございます。

  ともかく、芸術の秋でもありますので、励みます。私の役割は、♪「また君に恋してる」・「帰れソレントへ」・「精霊流し」のピアノ伴奏です。

  それぞれ斉唱・独唱・ヴァイオリン演奏 の伴奏なので、勉強になります。

  泥縄に似ていますが、つるべの綱をないながら、音楽の泉の水を汲めるように練習して臨みたいと思います。

  さて、今日も、よい日となりますように。

 

|

« 丹精込めて ブドウ  | トップページ | ショパン・コンクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つるべの綱:

« 丹精込めて ブドウ  | トップページ | ショパン・コンクール »