« ゴーヤ | トップページ | 月を眺めて »

2010年9月21日 (火)

和太鼓のグループ「TAO」

 「TAO」という和太鼓集団が岐阜にやってきました。

 鍛え抜いた体躯から打ち出される和太鼓の響き ・・・ 一人でもすごいのに、数人が目にもとまらぬばちさばきをして呼吸が乱れることがないチームワークの見事さに太鼓ではありませんがしこたま心が打たれました。

 ユーモアを交えた小太鼓のショウもあり、楽しかったです。

 わが身を省みますと、とても張り詰めた音を出せそうにない体形です。精神的にも鋭角さが漂う生き方を ・・・ そんな気にさせてくれる「TAO」のコンサートでした。

 美しい影絵を思わせるシルエットを生かしたシーンもあり、聴覚も視覚も、魂にも鼓動が伝わって来た演奏でした。

 結成して17年、愛知県の小牧で誕生し、九州に本拠地を移し、海外公演にも力を入れ、今までのコンサートののべ観客数は400万人に迫るところまできているそうです。

 よい音楽は、聴く人に感動を与え、元気にする ・・・ それを実感いたしました。

 今日も、胸の鼓動が高まる時間のある、よい日となりますように。

|

« ゴーヤ | トップページ | 月を眺めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和太鼓のグループ「TAO」:

« ゴーヤ | トップページ | 月を眺めて »