« ショパン・コンクール | トップページ | 音楽訪問 »

2010年10月 1日 (金)

教員採用試験の結果発表の日

  このところ、二日続けて小学校を訪問させていただき、小学一年生の国語の授業を見せていただきました。

  元気に意見を述べる子、それをしっかりと聞く仲間たち ・・・ 実りの秋というのは、田畑や果樹園だけでなく、学校においても言えることのようです。

 暑い夏にさしかかる前から、研究授業に備えて取り組んでこられた先生方のご努力が、確かな学びを積み重ねる子どもたちの姿となって、見事に結実していることを嬉しく思いましたし、頭が下がる思いがいたしました。

 さて、今日は、岐阜県の教員採用試験の二次試験の結果発表がなされます。

 受験者全員が合格する ・・・ ということは、ありません。大きな使命をになうのですから、やはりそれだけの資質、学識、人格、情熱などなどを備える人が教師になることが望まれますから。けれど、1点とか2点とか、本当に少しの違いで合格、不合格が分かれるようですから、そのことに粛然とする思いを抱きつつ、この日を迎えます。岐阜県だけでなく、出身県などを受験した学生さんたちの受験結果発表も始まっています。 

 ひたむきに、合格目指して歩む学生さんたちとかなりの時間を受験に備えて過ごし、その伸びの勢いに情熱を持った若人のすばらしさをたびたび感じました。

 その過程で培った力、獲得した力は、今後の人生にきっと宝物となって光を増すことでしょう。

 合格するに越したことはありませんが、どんな結果も前向きに受け止めて、これからの人生を切り拓いてくださることを願っています。

 応援するだけでなく、わたし自身も、学び続けて、(伸びしろはたどたどとしていますがマイナスやゼロではないことに意義を見出しつつ)「岐阜県音楽療法士」の道へと歩んでいます。 この玉子、何とか孵化できるとうれしいのですけれど。

 今日も、よき日となりますように。

|

« ショパン・コンクール | トップページ | 音楽訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教員採用試験の結果発表の日:

« ショパン・コンクール | トップページ | 音楽訪問 »