« 環境の陶冶 | トップページ | 「天使のつばさコンサート」 »

2010年11月15日 (月)

「岐阜友の会」の家事家計講習会

 以前にも書かせていただいた「岐阜友の会」主催の家事家計講習会に参加してきました。『婦人之友』という月刊誌を愛読しておられる方々で構成・運営されている会です。

  遅まきの ・・・ とっても遅まきの反省ですが、やはり、夫婦で話し合って、家事家計を進めなければいけないと今頃になって思うようになったのが、参加の動機です。

  こうした思いになるまで、何と苦労をかけてきたことでしょう。ある本にありました。ダイエットするには毎日体重計に乗って増減を把握するように、家計も毎日、きちんと記録して現実を見つめることが欠かせない、と。

 今まで、何回か「友の会」のバザーに足を運び、おいしいお料理やケーキなどなどの恩恵にあずかってきましたが、今回のような講習会には初めて参加させていただきました。

 参加して、とても、心を打たれました。メンバーの方々が、誠実にこつこつと家計簿を記録し、そして、虚飾なく公開し合ってアドバイスを交わしながらともに歩んでおられることがよく伝わって来たからです。

  家庭の年間予算を立てることに、子どもさんも参加し、知恵と力を家族で合わせて計画的に予算執行しておられるとの発表もありました。

  よく練られた子ども用の小遣い帳や高齢者の家庭用の家計簿も作成されており、頭が下がりました。

  会場の廊下に掲示されていた『婦人之友』の創刊者である羽仁もと子さんの言葉の一つに目がいきました。

 朝(あした)に気付けば、夕を待たずにすぐ始めればいいのです。新たな気づきが生まれたそのときが私たちにとっての「朝」なのです。

 引用が不正確かと思いますが、何と平易に大切な真理が述べられていることか、と打たれました。

 すぐには実行できないかも知れませんが、こうした参加者にも心を開いて大切な歩みをもとに大事なことを真摯に伝えてくださったことに、心から感謝いたします。

 ありがとうございました。

 

|

« 環境の陶冶 | トップページ | 「天使のつばさコンサート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「岐阜友の会」の家事家計講習会:

« 環境の陶冶 | トップページ | 「天使のつばさコンサート」 »