« 初冬の散歩道 | トップページ | 「赤毛のアン」 »

2010年11月20日 (土)

実のなる木

0003

  岐阜市の小学校を訪問させていただきました。

  二つの学級の国語の授業を見せていただき、その研究会をしました。

  国語の授業、懸命に話し合う子どもたちの姿がたくさん見られて、嬉しく思いました。

  この小学校では、しばらく前に、校区の方々と三世代ふれあい行事がもたれ、授業での子どもたちの元気な姿に感激した方たちが喜びの感想を寄せてくださったそうです。

  公開授業の後に、校庭で地域の方々がお手玉など、いろいろなことを教えてくださる時間もあったそうです。

 その学校には実のなる木があり、写真のように、かわいい実がなっていました。

 栃やナツメも実ります。

 地域の方々が喜んでくださる子どもたちの実りの姿があり、それと呼応するかのように木も実を結ぶ ・・・ いいものだなあと思いました。

  学校全体がよく耕された肥沃(ひよく)な大地のように、子どもたちの可能性の芽を大きく育て、校長先生のリーダーシップのもと、職員、保護者、地域の方々が力を合わせつつ、教育の実りを一緒に喜ぶことができる ・・・ 本当にすてきですね。初冬のある日の嬉しい見聞記です。 ありがとうございました。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は、日曜日、キリスト教会の礼拝にご出席くださいますように。  

|

« 初冬の散歩道 | トップページ | 「赤毛のアン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実のなる木:

« 初冬の散歩道 | トップページ | 「赤毛のアン」 »