« エルトールル号  | トップページ | 大学祭 »

2010年11月 6日 (土)

秋のバラ

0009   岐阜大学の一角のバラ園 ・・・ 風のないあたたかな昼間は、芳香が漂っています。

 「今年の夏は暑い日が続いたので、少し遅めにバラが咲くようにしました」 ・・・ 秋口に、たしかそのような話を世話しておられる方がおっしゃっていました。

 見せていただきに行くのが少し遅めだったかも知れませんが、ごらんのようにバラたちが迎えてくれました。

  「花の咲かない枯れすすき」と一年に二回、花を咲かせるバラとのちがいはなんでしょうね。

  夢ある限り 人は老いることがない

  私は少年ではありませんから大志でなくてもよいかもしれません、とにかく志をもって、花も、できたら実もある人生を歩みたいと思います。

  

聖書のことば  第二 コリント 2章 14節

 神は、わたしたちをいつもキリストの勝利の行進に連ならせ、わたしたちを通じて

0003_3

至るところに、キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。

 今日も、よい香りの、すてきな日となりますように。

0008

 

 

|

« エルトールル号  | トップページ | 大学祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のバラ:

« エルトールル号  | トップページ | 大学祭 »