« オーケストラの若者たち | トップページ | 為せば成る  かも »

2010年12月20日 (月)

アドヴェントリースに 4本のキャンドルが ・・・

 1本ずつ、リースにともされるろうそくが増えて、ついに、クリスマスの礼拝を迎えました。

0005

 昨日、書かせていただいたように、12月19日のクリスマス礼拝の中で洗礼を受けてクリスチャンとしての生涯を歩み始めた青年がいます。

 本当に感激いたしました。

 礼拝の後は、愛餐会と名付けられている持ち寄りの食事会とクリスマスのお祝いの会(アルコールは出ません)が開かれました。

 愛餐会というのは、食事を愛するのではなく・・・それもありますが、神様を愛し愛される教会の家族が食事を共にする会というほどの意味です。この愛餐会のメニューの素敵だったこと・・・一つの一つのお料理を紹介すると、30日以上かかりそうですので、一つだけ画像で紹介させていただくことにいたします。

0008  「栗おこわ」 ・・・高齢のご家族の介護のために、ご自分はこの愛餐会に来ることができない方が、心を込めて作ってくださった中の一つです。

 「美味しかったですか」とお尋ねですか? はい、それは、もう 最高でした。

 ありがとうございました。 フィナーレはクリスマスケーキ。

 そして、この一年間の一人一人の一番嬉しかったことを紹介し合い、神様に感謝のお祈りを捧げて閉会となりました。

 一人一人の、神様からいただいた祝福の喜びをお互いが心から喜び合える ・・・ これが、至高で究極のメニューでした。

 さて、師走も下旬に入りました。ご多用の日々とお察しいたしますが、あなたの今日の一日も、すてきな歩みとなりますように。あたたかくしておすごしください。

  私ですか ・・・ これから3日間ほどは何も食べなくてよいほどの美味しい食事をたくさんいただいて、締め切りの迫ってきた岐阜県音楽療法士認定のためのレポートに取り組んでおります。 うーむ、内容はともかく(いえいえ、内容が肝心なのですけれど)、打席に立つことなく、「バッターアウト」と宣告されるのだけは何としても防ぎたいと励んでおります。

 それでは、また 

 

|

« オーケストラの若者たち | トップページ | 為せば成る  かも »

コメント

お若い方の受洗おめでとうございます!
記念の第一夜をどうお過ごしになられたでしょうか。
是非「天使のパン」「アヴェ ヴェルム コルプス」のをインターネットでご鑑賞ください。
偉大な作曲家や演奏家たちが、虚栄や肉の思いを捨てて、ひたすら
神の愛を讃えています。
どうか すべての山々を乗り越えて、よき生涯をお送りされますように!

投稿: kei | 2010年12月20日 (月) 00時41分

クリスマス愛餐会が今日 終わったとは! クリスマスイブは静かにご家庭なのですね。
こちら高山の教会は12月24日なので、みなさまどうぞ。
キャンドル礼拝には 若いグループが「アヴェ ヴェルム コルプス」や「天使のパン」を讃美してくださいます。
 実は私はオルガニストで、突然ふられた伴奏に今から取りかかってあせっているところです(笑) 今夜 オーボエとクラリネットの助っ人をget!ますます編曲にも焦っているところです。
 私の出す愛餐会のバイキングは なんとも日本的な「おはぎ」の予定ですが ごちそうも伴奏も イマイチだったらどうしましょうか。。。。遠方の皆様は ユーチューブで バーンスタインさま始め、キリテ・カナウさんの 「一流」演奏が聴けますので 是非 そちらで!

聴いてどんどん自信をなくしている哀れなオルガニストより

※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。
 愛餐会がまだなのはうらやましい一面もあるとして、オルガニストとしての準備は、たいへんですね。でも、「おはぎ」を優先させるとして(ここが私らしさかも)、オルガンのほうは今までに磨き上げられた技倆と音楽家魂を信じて、成し遂げてください。
 よきクリスマスとなりますように!


投稿: kei | 2010年12月20日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アドヴェントリースに 4本のキャンドルが ・・・:

« オーケストラの若者たち | トップページ | 為せば成る  かも »