« 締め切りの役割 | トップページ | 白衣・赤衣の天使たち »

2010年12月23日 (木)

いよいよ、クリスマス そして年末へ

0010

  スタンドマイクが画面でスタンドプレーをしていますが、私の通うキリスト教会で子ども向けのクリスマスをしたときの朗読劇の画面の一つです。

 聖誕劇は、クリスマスによく似合う ・・・何故かはお分かりですね。

 そうです。なんといっても、イエスキリストの降誕をお祝いする記念の日がクリスマスなのですから。

 主役不在のクリスマスをお祝いしている、ということにならないようにしてくださいね。あっ、ごめんなさい。いやみを言うつもりでは、なかったのです。

 キリスト教会には行かない、あるいは行けないという方の方が多いのですから、自責の念を覚えなくてもよろしいのです。でも、数が多ければ正しい、というものでも、少ないから正しくない というのでもないのです。

0013

  さて、もし、あなたの身のまわりやお知り合いに、さびしくクリスマス、年末、年始をすごしそうなかたがおられたら、心の温まる何かをして上げてくださると嬉しいです。

  聖書に、「この世の最も小さい者にしたのは、すなわちわたし(イエス・キリスト)にしたのです」ということばがあります。

  大作を書いた文豪、トルストイの小品「靴屋のマルティン」別名「愛あるところ神在り」はすてきな作品ですね。

  セールなどで賑わっている町の中にいるときも、どこかに「静」の時間をもつこと ・・・大切にしたいと思います。

  2枚目の写真は、ミニドーナッツを積み重ねたツリー ・・・ 子どもクリスマスの後のおやつです。根気よく、ミニドーナッツを、それこそ山ほど焼いてくださった方、ありがとうございます。紅いツリー型のゼリーも人気がありましたね。 ごちそうさまでした。

 冬至が過ぎ、本格的な冬が近づいていきます。でも、どうぞ健康で、今日もよい日となりますように。

追伸

 音楽療法のレポートの提出のこと、お気に掛けていただいて、ありがとうございました。昨日、ゆとりをもって(締め切りの1時間半も前に!)無事に受理していただきました。審査結果はらいねんの立春を過ぎないと分からないと思いますが、とにかく九つの必修レポートに自主学習のレポートを五つ添えて出すことが出来ました。  ← 下手な鉄砲も数打ちゃあたる ? いえ、品位をますます下げるだけかも ・・・

 ともかく、ありがとうございました。 

 

|

« 締め切りの役割 | トップページ | 白衣・赤衣の天使たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ、クリスマス そして年末へ:

« 締め切りの役割 | トップページ | 白衣・赤衣の天使たち »