« 若きピアニストたち | トップページ | プロの技術 »

2010年12月 7日 (火)

だんだんと冬に

  少しずつ、気温の低い時間帯が増えつつあるように思います。日光がぽかぽかと暖めてくれる日中 ・・・「小春日和」という表現は、12月初旬までは使ってよい表現なのだと教わりました。

 さて、それ以後で、暖かい日は、どう表現いたしましょうか。

 暖冬  さらに暖冬異変  そして ・・・ 異常気象 ということになりましょうか。

 いきなり、そういう表現に持って行かないで、もう少し歳時記などにあたりたいと思います。 何事も、いきなり、ではないほうが体にもいいですよね。

  冬用のタイヤを依頼していましたら、準備ができたとの連絡を受けました。・・・今度の土曜日に装着してもらうことにいたしました。私の個人的な都合ですけれど、どうか、タイヤを履き替えるまでは積雪がありませんように。

  いえ、その先も、別にどんどん雪が降ってほしいというわけではありません。けれども、夏が暑かった分、冬がどうなるのか、気がかりです。でも、備えはしておくことで、少しは安心できますよね。

  そうそう、ある方が「交通事故は、自分が100パーセント気をつけていても、相手があることなので、どんなに自分を整えても、50パーセントにしかならない」とおっしゃいました。雪道の運転に限ることではない名言ではないでしょうか。

  備えができると安心なのは、タイヤだけではないかも知れませんね。いろいろなことに真剣に気を配ることにいたしましょう。でも、深刻にはならないように、と思います。

  今日も、見通しをもってスタートし、よい日となりますように。

|

« 若きピアニストたち | トップページ | プロの技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だんだんと冬に:

« 若きピアニストたち | トップページ | プロの技術 »