« クリスマスオーナメント | トップページ | オー・ヘンリー 『賢者の贈り物』 »

2010年12月14日 (火)

クリスマス・ツリー

0003

 クリスマス・ツリー ・・・ いろいろなクリスマスオーナメントがある中で、別格は、やはり、クリスマス・ツリーですよね。

 ある条件を満たすこの木の下では、キスしてもよいとか、しなければならないとか('The kissing under the mistletoe'といって、クリスマスの日にヤドリギの下にいる 女性には、男性はキスをしなければならないとか。そんな風習から、クリスマスのオーナメントには ヤドリギを模したキッシングボール( Kissing Ball )というものがあるそうです。 ちなみに、恋人どうしがヤドリギの下で口づけを交わしたのなら、それは婚約の成立を意味するそうで、その二人は末永く幸せになれるとのこと。そもそもは、ヤドリギの生えている樫の樹の下で出会ったのなら、例え、敵どうしであっても、争いを止め、互いにキスをして仲直りしなければならないという言い伝えであったそうです・・・)参考 トヨタ白川郷自然學校のブログから http://www.toyota.eco-inst.jp/blog/b24.htm

 季節限定ではありますが、世界にそんな場所は、そうそうありません。

 暖炉のそばの靴下に入りきるプレゼントばかりではありませんから、大きなパッケージのプレゼントは、この木の下に置かれるのですよね。

 写真は、私の通う教会のクリスマス・ツリーです。今年は、アメリカで数年間暮らしておられた方がこのツリーのためにすてきなオーナメントをお持ちくださいました。

 水曜日の聖書研究会に集まった方が、心を込めて磨き上げてくださった床を背景に、「もうすぐクリスマスですよ。神様は、ひとりごであるイエス様をこの世に遣わしてくださったのですよ」と、このクリスマス。ツリーは全身で呼びかけてくれているようです。

  今日も、よき日となりますように。 クリスマス礼拝まであと五日 ・・・ すてきな歩みを!

|

« クリスマスオーナメント | トップページ | オー・ヘンリー 『賢者の贈り物』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・ツリー:

« クリスマスオーナメント | トップページ | オー・ヘンリー 『賢者の贈り物』 »