« 秘密兵器 ・・・ | トップページ | 世代交代 »

2010年12月29日 (水)

初挑戦 コイン精米

0015

  玄米を値打ちに分けてくださる方がいて、お願いしました。

 とはいっても、精米器には初挑戦・・・実は、二男夫婦は何年か前にコイン精米器に挑戦して、見事に成功したことをブログに書いていましたから、親としても、頑張ってみようと思いました。

 写真の精米器は、よくいくお店の駐車場にセットされていました。

 3キロ以上7キロまでが百円 となっていたような記憶が ・・・ 左から玄米を入れるようになっています。入れてすぐに右から精米されたお米がざくざくと出てきたらどうしようと不安になりました。 でも、大丈夫です。

 考えてみたら、そんな早業を要求するマシンだったら、二人がかりでないと近寄れないことになりますよね。

  お米を入れて、どんな仕上がりにするのかを選んで・・・ 上白というのが最高で、その手前が標準、そしてあと何段階か控え目の精米レベルがセットできます。

 初回ですので、標準にしました。いよいよスイッチオン ・・・ なかなか頼もしい音 ・・・ま、まさか、粉々になって全部ぬかに・・・ いえ、そんなことはありませんでした。

 精米が終わったお米は右の方から出てきて、容器で受ける準備をして、黒いペダルを踏むと、ザザーッとお米が容器に入ります。

 お、もう終わりかなと思いましたら、ザザーッ ザザーッ ペダルを踏む家内とのタイミングが大切 ・・・ 何だ、結局、二人がかりではないかですって ・・・ そうなんです、でも、何といっても初挑戦ですから。

 帰宅したのは、夕方ですが、どんなご飯になるかが楽しみで、今夜はちょっと早めの晩ご飯でした。

 働かざる者、食うべからず といいますが、働いた(?!)後ですから、たいへん美味しかったです。

聖書のことば ロマ書 5章 2節から5節

5:2わたしたちは、さらに彼(イエス・キリスト)により、いま立っているこの恵みに信仰によって導き入れられ、そして、神の栄光にあずかる希望をもって喜んでいる。
5:3 それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、
5:4 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。
5:5 そして、希望は失望に終ることはない。

 えっ、コイン精米に挑戦するくらいのことで大げさすぎないか ・・・ ああ、患難にあったのを私たちと考えてくださったのですね。ありがとうございます。 患難にあってすてきに磨かれたのは「お米」 ・・・ のつもりだったのです。 でも、いきなりコイン精米と聖書の言葉を結びつけるのは、読んでくださる方に申し訳のない展開でしたね。

 申し訳ありません。この一年も時々こういう展開があったことでしょう。

  来年はもう少し磨き上げるように励みますね。 ・・・ そうそう、このブログを開設以来訪れてくださった方ののべ人数が8万人を超えました。 ありがとうございます。

 今年も、あと三日 ・・・ よきフィナーレとなりますように。

|

« 秘密兵器 ・・・ | トップページ | 世代交代 »

コメント

お久しぶりです。初めてムーミンパパのシルエットを開かせていただきました。面白い実に面白いです。悪戦苦闘していらっしゃるお顔が目に浮かびます。

※ ムーミンパパより

  コメントありがとうございます。このブログを訪問していただいて、とても嬉しいです。

 2回目の精米では、別のところで挑戦し、何と、お米を入れるところが反対側にあったので、焦って間違えてしまいました。落ち着いてやり直せばいいのに、あわてたので精米したのとそうでないのとが混ざってしまって・・・ それで、もう一度最初から精米しましたら、お米さんも「二度もありがとう」という感じで、水加減を減らすなど家内が苦労していますが、炊きあがりはとてもおいしい(ちょっと負け惜しみもあるかな?)お米になりました。

 大寒の時期、寒い日が続いていますね。どうぞ、暖かくしておすごしください。
 

投稿: | 2011年1月16日 (日) 16時42分

お久しぶりです。初めてムーミンパパのシルエットを開かせていただきました。面白い実に面白いです。悪戦苦闘していらっしゃるお顔が目に浮かびます。

※ ムーミンパパより

 コメント、ありがとうございます。

 実は、今日(1月16日)、ほかのところで2回目の精米をするとき、同じような機械なのに、勘違いして精米後のお米が蓄えられるところに玄米を入れて、(ちょっと待って)と思っているうちに精米器を動かし始めてしまって、ペダルを踏んで、入れたお米を出してしまえばよかったのに、手ですくって本来のお米を入れる位置へと入れ始めたものですから ・・・ そう、そうなんです。玄米を移し替える前に、精米の終わったお米が無情にもどんどんと出てきてしまって、家へ持ち帰ってより分けているところです。

 うーむ、初心者は、二度目のほうが、こんな失敗をしてしまいがちなのかもしれません。 ただ、歯と胃が、玄米と精米したお米とが混ざった状態で食べることによって鍛えられるかもしれません ← 負け惜しみです。 ハイ。

投稿: | 2011年1月16日 (日) 16時41分

8万人おめでとうございます!ブログファンのひとりとしてその8万人に加えられているのがちょっぴり嬉しいです。

精米機のどきどき感よく伝わって来ました。まさに音だけすごいものですよね。
私たちもあの1度きりの体験のみなので、懐かしく思いました。
それにしても私たちが体験したものよりずっと最新の機械のようですね。
美味しいご飯をいただくことができたかと思います。

※ ムーミンパパより

 お米の記事に、こめんとをありがとうございます。

 炊きあがるまでを楽しみ 炊きあがって楽しみ 次に炊く時を楽しみ  そして体重に反映されるのを楽しみ ← おっと これは うそです。

 ムーミン谷では、松葉でおなかを満たしたムーミンパパたちが冬眠しているのですね。

 岐阜の私たちは、美味しいお米を食べて、しっかりと目を覚ましています。    今年もあと二日間、よき日となりますように。 

投稿: rommy | 2010年12月30日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初挑戦 コイン精米:

« 秘密兵器 ・・・ | トップページ | 世代交代 »