« シュトーレン | トップページ | オーケストラの若者たち »

2010年12月18日 (土)

夜のキャンパス

0001

  今週、都合があって、普段より遅くまで大学にいました。

  帰りがけ、イルミネーションを見かけました。今は、民家で、スケールの大きな電飾をして道行く人の目を楽しませてくださるところがありますので、それからみると少し地味かも知れません。

 でも、遅くまで研究していて帰宅の途につく人たちもいますので、そうした人たちを和ませる意味もあるのでしょう。なかなかいいものだと思いました。

 聖書のことば  ヨハネの福音書 第1章から

1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
1:2 この方は、初めに神とともにおられた。
1:3 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
1:4 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
1:5 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は、アドヴェント・リースに4本のキャンドルがともされ、キリスト教会ではクリスマスの礼拝が開かれます。 ぜひ、お出かけください。

|

« シュトーレン | トップページ | オーケストラの若者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のキャンパス:

« シュトーレン | トップページ | オーケストラの若者たち »