« 賞味期限 | トップページ | 春を待つ »

2011年1月30日 (日)

歴史ある炬燵(こたつ)

Photo   長い間、活躍してくれた電気ごたつでした。

 博物館入りも可能かも知れませんが、リサイクルセンターで引き取っていただきました。

「ナショナル」としっかり記されている製品は、だんだんと姿を消していくことでしょう。

 私の少年時代は、「ナショナル・キッド」というある意味でスーパーマンのような主人公がいました。

 月光仮面、まぼろし探偵、赤道鈴之助、笛吹童子、鞍馬天狗・・・ うーん、今のヒーローたちとはだいぶん違うかも知れませんが、それぞれ一世を風靡していたのです。

 

 ちなみにラジオ放送の赤道鈴之助の中で、千葉周作の娘、さゆりの声でデビューしたのが、そうです、吉永小百合さんでした。 

 他の出演者は、語り手が山東昭子、千葉周作が久松保夫、しのぶが藤田弓子、稲妻斬りの使い手だったでしょうか、竜巻雷之進が宝田明だったとのことです。

「チョコザイな小僧め、名を名乗れ!」

「赤胴鈴之助だあ!」 ・・・ こんなふうにラジオから声が流れて始まっていました。

 千葉道場の少年剣士だった鈴之助の必殺技は、〝真空斬り〟でした。

 それは、ともかく、電気ごたつさん、長い間、ありがとうございました。

 今日もぽかぽかと暖かくなりますように。

 日曜日 ・・・ キリスト教会の礼拝にお出かけください。

聖書 安息日を覚えて、これを聖としなさい。

|

« 賞味期限 | トップページ | 春を待つ »

コメント

 なかなか見ることの難しくなった品だと思います。
昭和村あたりで需要があったかもしれません。
 私も古いものを捨てることが出来ず、掃除機、洗濯機
扇風機、などなど年代物を現役で使っています。
 自動車も10年10万キロという状態ですが、故障は無く
まだまだ使っていきたいところです。
 ただ、気になる出来事もあり、家電製品などでは、使用中に発火する場合などもあるとのこと、火災保険に入っておけば、古い家も処分できるなどと不届きなことは考えてはいけません。周囲が空き家といっても、世の中の迷惑になることは十分すぎるほど気をつけるべきだと思っております。

※ ムーミンパパより

 コメントありがとうございます。
 
 ものを大切に使うこと、できれば使い切ること ・・・ 使い捨てカイロとか、使い捨てカメラなどもありますが、それぞれの用途においては使い切っていることになるのでしょうね。
 昔のカイロとは構造も材質も異なっていますけれど、活用のされ方には、なかなかのものがあるように思います。

 それはそれとして、神様からのたった一度きりの招待と言われるこの世での命を輝かすことにおいて、物を活用すること以上に大切に意を用いたいと思います。 今日も、よい日となりますように。

投稿: 小島 | 2011年1月30日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史ある炬燵(こたつ):

« 賞味期限 | トップページ | 春を待つ »