« 歴史ある炬燵(こたつ) | トップページ | 感性のアンテナ »

2011年1月31日 (月)

春を待つ

0002  岐阜市だけでなく、いろいろなところで雪が降った日曜日 ・・・ やはり冬なのですね。

  道路に薄く積もった雪を見て、視線を転じますと 、なんと、そこには一気に春が広がっていました。

  我が夫婦の若き友人からの粋なプレゼント、布(レーヨン)製のタペストリーにも、風呂敷にも、カバーにもなる「ひな祭り」 ・・・ 何か呼び名があるのでしょうが、とりあえず、上記のように使える品・・・

  ひとっ跳びに、立春を飛び越えて桃の節句がやってきた感じです。

  ・・・ うーむ、外は寒風が吹きすさぶ雪景色、インフルエンザの脅威もじわじわと広がっていますけれど、家の中は、春爛漫 ・・・ お礼申し上げます。

  皆様のご家庭にも、春が訪れようとウオーミングアップしているに違いありません。

 今日も、待ち受ける春がやってくるよい日となりますように。

 

|

« 歴史ある炬燵(こたつ) | トップページ | 感性のアンテナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ:

« 歴史ある炬燵(こたつ) | トップページ | 感性のアンテナ »