« 三日 | トップページ | 亀のこう(甲・功)  »

2011年1月 4日 (火)

コーヒータイム

0003

 すてきな歌声ですばらしい感動をプレゼントしてくださる方から、昨年、コーヒー豆をいただきました。

 あまりに貴重ですので、冷凍して保存していたのですが、やはりコーヒー豆は、コーヒーを淹れておいしくいただくのがよい、ということで、2011年のスタートを祝って封を切らせていただきました。

 3分間でコーヒーが入るように、計時しながら「美味しくなーれ、美味しくなーれ」と願いつつ淹れました。

  コーヒー豆には、目があるのか、プライドが高いのか、きっちりした服装を整え、礼を尽くすと、それに応えて、薫り高く仕上がるとのことです。

 たいへん美味しくいただきました。 ・・・ 兄や息子は、もっといろいろこだわってコーヒーを淹れてくれ、その心と相俟って本当に美味しいのです・・・ でも、この朝のコーヒーも美味しかったのです。

 よき2011年となるに違いない ・・・ そう思いました。

 張り詰めすぎた弦は 美しき音を奏でること あたわず  ・・・ インドのタゴールという詩人の詩の一節です。

 ときにはコーヒータイム(ティータイムでもジュースタイムでもよいのでしょうけれど)を設けながら歩んでまいりましょう。

 今日も、よい日となりますように。

 聖書   マタイによる福音書  11章 28節 29節

 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたし(イエス・キリスト)のところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
  わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。

|

« 三日 | トップページ | 亀のこう(甲・功)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒータイム:

« 三日 | トップページ | 亀のこう(甲・功)  »