« 『左手のコンチェルト』舘野 泉 著 | トップページ | 若き歌声 »

2011年1月22日 (土)

てっぱん ・・・ 我が家版

0002   NHKの連続テレビ小説、というかドラマですが、「てっぱん」のタイトルに映し出されるお好み焼きがおいしそうなので、教えてもらいながら、作ってみました。

 キャベツと豚肉、そして焼きそばが入っています。頃合いを見計らってひっくり返すわざ、ササッとソースで模様を描く手つきは、いろいろな料理で磨いてきた家内の腕前 ・・・脱帽です。

 この後、かつおのけずり節と青のりを私が振りかけて完成。

  うーむ、次回、独力でどこまでできるかが問題ですが、美味でありました。

  ところで、我が家にはてっぱんがなく、フライパンで焼きました。いずれホットプレートを入手して、お好み焼き、そしてホットケーキなどを得意なレパートリーに加えられるようになりたいと思っています。 けれど、そういう道具に走らず、手持ちの器具で作ることが大事なのかもしれませんね。

 えーと、これで、餃子、鯖の味噌煮にお好み焼きが加わるはずなのですが、おおっ、前のノウハウが、淡雪のように跡形もなく消えてしまっています。 近々、(優しい)家内に再教育してもらって、取り組もうと思います。← どれほど、あてになることばでしょうか?!

 さて、今日も、忘れたことは忘れたこととして、新たに獲得することのあるよい日となりますように。

 明日は、日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

 聖書 安息日を覚えてこれを聖なるものとしなさい。

|

« 『左手のコンチェルト』舘野 泉 著 | トップページ | 若き歌声 »

コメント

なかなか 美味しそうです。
ないものをなくても楽しんで味わって
ついでにかつお節がゆらゆらという、てっぱんダンスも優しい奥様とどうぞ

※ ムーミンパパより
 連続のコメント、ありがとうございます。
 なるほど、ドラマのタイトルのところで放映されるダンスの動き、揺らめく鰹節でしたか。確か振り付け師は、とてもスリムになった人でしたね。
 
 どうせなら我が家では、ワルツやタンゴを ・・・ 無理と知りつつ 書いてみました。(^.^)

投稿: kei | 2011年1月22日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てっぱん ・・・ 我が家版:

« 『左手のコンチェルト』舘野 泉 著 | トップページ | 若き歌声 »