« 年の功 | トップページ | 七草がゆ »

2011年1月 7日 (金)

小寒 

 「小寒」ということで、風が冷たく感じました。

 「うーむ、浮き世の風が身にしみるゼィ」 というところでしょうか。

  でも、寒い冬のほうが、大根などは大きく育つのだそうですね。寒いと、地表近くは冷えてくるので、そこから必死に地熱のあるほうへ伸びるというイメージでしょうか。

  かん難 汝を 玉にす   玉 磨かざれば 光なし

  山中鹿之助という武将は、「われに七難八苦を与えたまえ」と願ったそうですが、私などには、なかなか難しいことに思えます。

  厳しく鍛えるのはいやだけれど、オリンピックには出たい ・・・ こういうむしのよいことでは、何事を為すこともできそうにありません。

  ・・・ おお、それでも、これで何日か、夕方の散歩を続けることが出来ています。

 ほっそりとした月が、オレンジと青の空に見えて、なかなか情緒がありました。

 せめて、この程度のことは、続けることができるようにしたいと思います。

 さて、七草がゆ ・・・ ちゃんと七つ、春の野に出て摘むことが出来る人はすごいですね。 

 今日も、よい日となりますように。

|

« 年の功 | トップページ | 七草がゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小寒 :

« 年の功 | トップページ | 七草がゆ »