« 近づく春 | トップページ | 梅咲きぬ »

2011年2月21日 (月)

住む鳥、池を濁さず ?

0004 これは、1月下旬に撮ったキリスト教会の遠景です。

  やはり、一か月の移り変わりは大きいですね。

 手前に写っている池は、農業用のため池(だと思うのです)ですが、その池にはカモがやってきます。

 この冬は、オシドリも来ていました。

 鳥インフルエンザの心配は、多分ないと思うのですが、どうなのでしょう。

 立つ鳥 跡を 濁さず といわれますが、 住んでいるときにも 濁さず、クリーンであってほしいとおもいます。

Photo_2 鳥自身も、インフルエンザにかかりたくてかかっているわけではないのですし、病気になったらなったで、おかゆを炊いたり、水枕、氷枕などを用意していたわってもらったりしたいのではないでしょうか。

 いえ、これは感情移入が過ぎると思いますけれど。

 健康で毎日を歩めますように。

 地球自身の健康とつながっているのでしょうか。

 大きなことは、わかりませんけれど、どうぞ今日もおすこやかで。

        

|

« 近づく春 | トップページ | 梅咲きぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住む鳥、池を濁さず ?:

« 近づく春 | トップページ | 梅咲きぬ »