« 「オニーッ !」 | トップページ | 健全な肉体に不健全な賭博が・・・ »

2011年2月 4日 (金)

「宝石」と「宝物」

  ヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」という短編が中学1年生の教科書に長く掲載されています。

  蝶の収集に夢中になった少年の心が描かれているのですが、主人公の蝶のコレクションは「宝物」と表現されており、隣家にすむ少年のコレクションは「宝石」のようと書かれている箇所があります。

  主人公も、展翅などに力を入れるのですが、足がなくなったり、触覚が曲がったり伸びすぎていたりするのです。これに対し隣家の息子は、完璧なまでに見事な標本を仕上げているので、「宝物」と「宝石」の違いが出てきてしまうのです。

 そうなのです。その持ち主にとっては価値があるけれど。客観的には価値が乏しくなってしまうのが「宝物」、持ち主にとっては、もちろん、ほかの収集家にとっても価値があるのが「宝石」と表現されているわけなのです。

 さて、前置きが長くなりました。

 私にとっては「宝物」なのですが、整理好きな家内の目には価値を認めてもらいがたい品が、我が家にはまだまだあります。

 必死の防御によって守ってきた私の「宝物」が瀕死の憂き目にあっております。

 本 ・・・ これは、だいぶん少なくいたしました。若い教師の国語の授業力を高めるお手伝いをさせていただいているので、もう私自身は読まないだろう本を「返さない」ことを条件に機会あるごとにプレゼントする決心をしたのです。

 中には、律儀に返そうとする人もいるのですが、そういう人にはおまけをつけるくらいに今年はしようと思っています。

 坂本冬美の♪「夜桜お七」に「来ぬ人と 死んだ人とは 同じこと」 という歌詞がありますよね。あれを「読まぬ本は あってもなくても 同じこと」 というように翻案して、思い切ることにいたしました。

 レコード・カセットテープ・写真たち ・・・  これは、処分しがたい物をデジタル化するという中庸の道を行こうと考え、動き始めたばかりです。

 パソコンなどにCDを取り込み、音質のよいイヤホンで音楽を聴く ・・・ 曲の解説などはスキャナで取り込んでパソコンの画面で必要に応じて読む ・・・ これだと場所はとらずにすみます。

 ただし、取り込みに少し、技術と機材と時間が必要です。いまは、その端緒についたばかりです。

  少しでも目に見える物質が減ると、家内はとても喜んでくれます。私も、そのことを喜びとするように成長しつつあります。夫婦円満で家の中がすっきりとしていく ・・・ これは、何よりの宝ではないでしょうか。

 聖書には、天に宝を積めと書かれています。 長くなりましたので、その言葉の前後を紹介させていただいて立春の日の記事とさせていただきますね。 読んでくださる方は「続きを読む」をクリックしてください。

 今日も、よい日となりますように。

聖書の言葉 【新改訳改訂第3版】 マタイによる福音書

6:19 自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。
6:20 自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
6:21 あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。

 お読みくださって、ありがとうございます。 これに続く箇所も、なかなか奥が深いので、機会を作ってお読みくだされば、嬉しいです。 天に宝をたくわえるよい日となりますように。

|

« 「オニーッ !」 | トップページ | 健全な肉体に不健全な賭博が・・・ »

コメント

タイトルを拝見して、ヘルマンヘッセだ!とピーンときました(^O^)
というのも、明日ちょうどその場面を授業でやるので。
私も「宝物」は本かもしれません。
そんなにたくさんあるわけじゃないですが、アパートに置くと狭くなるので、学級文庫に入れたりしてます。

※ ムーミンパパより

 おお、現役の若手教師 ・・・ 元気な様子が伝わってきて、喜んでおります。

 あなたの蔵書は「宝石」かもしれません。

 授業、手応えが得られるものとなりますように。

 小生も、小生なりに励んでおります。

 インフルエンザの予防などもあることでしょう。どうぞ、子どもたちとともに、お達者で(^.^)

投稿: Tsuji | 2011年2月 5日 (土) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宝石」と「宝物」:

« 「オニーッ !」 | トップページ | 健全な肉体に不健全な賭博が・・・ »