« 歌姫たち そして師 | トップページ | 『奈良少年刑務所詩集』 »

2011年3月 9日 (水)

春の器には 苦みを盛る

0002  気温の下がる日も交えながら、春は一雨ごとに近づいてきました。

  春まだ浅い岐阜県の中津川から、蕗の薹(フキノトウ)をいただき、早速、蕗味噌に・・・

 寒い野辺に足を運び、探し出して摘んでくださったお心とともに味わわせていただきました。

  「春の器には 苦みを盛る」 ・・・ 旬の味を楽しみ、今日も励みます。

 ありがとうございました。幸せです。

  さて、今日も、蓄えたエネルギーを、世の中によいわざでお返しできますように。

|

« 歌姫たち そして師 | トップページ | 『奈良少年刑務所詩集』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の器には 苦みを盛る:

« 歌姫たち そして師 | トップページ | 『奈良少年刑務所詩集』 »