« ♪「うたになりたい」 | トップページ | 寒のもどり »

2011年3月 3日 (木)

春はあけぼの

0002 清少納言さんの『枕草子』に倣って

・・・ 3月2日の朝、6時少し前の東の空  月と金星がお目にとまりますでしょうか。

  この時間に空が明るくなってきていること、そして窓を開けても寒さをあまり感じないこと、それ自体が「春」のあかしですよね。

  気持ちがふさいでいるときには、視野が狭くなりがちです。

  時々、空を見ませんか。もちろん、交通の安全を確保しておいてくださいね。♪「上を向いて歩こう」とまでは申しませんが、「見上げてごらん 時々空を」 と提案させていただきます。

 八方ふさがりに思えるときにも、上空はあいている ・・・ そう話してくださったかたがおられました。

 この写真では、見えにくいですから、よろしければご自分で明け方の空をごらんになってくだされば嬉しいです。

 いえ、私などより、ずっと自然を味わっておられる方が多いと思いますけれど。 それにお仕事の時間帯や勤務場所などの関係で、明け方の空を見る機会がなかなか得られない方もおられることでしょう。

 夜空でも、真昼の空でも、その時々によさがあると思います。

  ちなみに同じ職場の友人は、この時間帯には毎朝ご夫婦でウオーキングしているそうです。

  さて、今日も、すてきな情景にふれる時間がもてますように。

 

  

|

« ♪「うたになりたい」 | トップページ | 寒のもどり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春はあけぼの:

« ♪「うたになりたい」 | トップページ | 寒のもどり »