« こうしたときに現れる気高さ | トップページ | 詩 誰がために鐘は鳴る »

2011年3月14日 (月)

疾風に勁草(けいそう)を知る

 「疾風に勁草を知る」(しっぷうに けいそうを知る」 ・・・以前、上司に教えていただいた言葉です。

 ふだんは同じように見えている草 ・・・ そこに強い風が吹いたときに、しっかりと根を張り、しなやかな強さを備えている草とそうでない草との違いがはっきりとするということだそうです。

  順調に歩んでいるときには表面に出ずに終わっていたそれぞれの人のすばらしさが、正念場を迎えたときに現れてくるということでもありましょう。

  不幸な災害には違いありませんが、阪神・淡路大震災の時に、神戸のあるタクシーの運転手さんが、被災地を訪れた人にこう語ったそうです。

 「神戸の子は、たくましくなりますよ。そのことに希望を抱いて私も励んでいます」

  今日も、日ごろ培われてきたたくましさ、気高さが現れてくる日となりますように。

 困難な状況にある方々のために心からお祈りしております。

|

« こうしたときに現れる気高さ | トップページ | 詩 誰がために鐘は鳴る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疾風に勁草(けいそう)を知る:

« こうしたときに現れる気高さ | トップページ | 詩 誰がために鐘は鳴る »