« イースターの日のこと その3 | トップページ | 『ピアニストになりたい 19世紀 もうひとつの音楽史』 »

2011年4月29日 (金)

敷居を低く

 大学に進路相談室という部屋があります。先日通りかかりましたら、(おっ!)と思う絵が貼ってありました。0002 うーむ、と感じ入りました。 どうしてかと申しますと、たとえば、歯医者さんも早めに行くとよいことは分かっているのですが、なかなか決心と勇気、そして歯への不安が強くならないと、スキップをしながら笑顔で向かうということはしにくいところだと思います。

 進路相談室というところは大事なところですが、すぐには足を運べない場合もあることでしょう。

 そのあたりの心理を思いやって、明るい笑顔を掲げた配慮とこの絵の見事さに心をうたれた次第です。

 バスも乗り降りしやすいように「ノンステップ バス」 というバスが町を走るようになっています。

 敷居を低くと申しますか、敷居を取り去る心くばり ・・・ 学生さんたちも進路がひらける希望がわいてくることでしょう。

 たたけよ さらば開かれん  今日も、よい日となりますように。

|

« イースターの日のこと その3 | トップページ | 『ピアニストになりたい 19世紀 もうひとつの音楽史』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敷居を低く:

« イースターの日のこと その3 | トップページ | 『ピアニストになりたい 19世紀 もうひとつの音楽史』 »