« オーケストラによる追悼演奏 | トップページ | 入学式を彩る花々 »

2011年4月 6日 (水)

出会い

 今日、あるいは明日、入学式、始業式というところが多いのではないでしょうか。よきスタートをきることができますように。

 これから一年間受け持つことになる子どもと出会う若人のことを特に思い浮かべます。

 ◇ 子どもに期待する姿、あるいは課す課題があることと思います。それと同じ質の姿、課題から自らを除外しないで歩みましょう。 いえ、まったく同じということではなく、質として同じということを考えています。

 教室で「自信がなくても発言しよう」と子どもに話す教師は、職員会でも、できるだけ発言するようにいたしましょう。 よい答えを持つことができるようになるには時間がかかるかも知れませんが、よい問いを発することは先輩の方々のためにも大事なことだと思います。

 やみくもに問うだけではなくて、「私としては、こう考えてみたのですが、いかがでしょうか」と、自分なりの案が出せるところまでは、大人としては何とか準備したいとは思いますけれど。

 先日、朝刊を取るときに、ふと、空を見たくなってドアを開いて外に出て夜明けの空を眺めました。そして、少し違う方向に目を向けたとき、一筋の光が空を横切りました。流れ星だったのか、宇宙衛星だったのかは分かりません。一瞬のことでしたが、私が外へ出て、目を向けなければ出会うことのない光景だったのです。

 希望に燃えたまなざしばかりではないかも知れません。でも、あなたとの出会いによって、そのまなざしに光が宿り、力が内側からこもってくるとしたら、なんとすてきな出会いとなることでしょう。

 ある年の学生さんがこんな短歌を詠みました。

 星のように 輝き放て 子どもらよ みんなで一緒に 星座を描こう

 よき2011年度のスタートをきることができますように。

 私も、励みます。 年を経た桜の樹も、毎年新しい花を咲かす ・・・ それを見倣います。 

 

|

« オーケストラによる追悼演奏 | トップページ | 入学式を彩る花々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会い:

« オーケストラによる追悼演奏 | トップページ | 入学式を彩る花々 »