« ふるさと | トップページ | 岐阜市「中将姫誓願桜」 »

2011年4月10日 (日)

飛騨みやげ

0008  帰省した高山から岐阜に持ち帰ったのは、母のおにぎりと、いただきものの「煮たくもじ」(くもじ は漬け物のことです) ・・・ おいしくいただきました。

 漬け物は、もともとは生野菜が採れなくなる寒い期間の保存食として工夫されたのだと思いますが、真空パックなどによって寒冷地の冬だけでなく、広い範囲で季節を越えて食卓にのぼるようになってきています。

 飛騨の赤かぶは「赤かぶ検事」などテレビドラマにも登場するほど有名にもなりました。

 「煮たくもじ」、そして、朴(ほうば)の上で焼く「焼いたくもじ」などは、漬け物の食べ方のヴァリエーションとして、親しまれています。

 3月11日の大地震、そして津波によって多くの方々の命が失われ、町がなくなってしまったところがあり、原子力発電所の放射能漏れのため、住居から避難しておられる方々がたくさんおられます。

 この方々のふるさとが、記憶の中だけに存在するのでなく、現実の場所として地上に復活することができますように。

 クリスチャンは、イエス・キリストの復活を記念して復活祭、イースターを毎年祝います。クリスマスはご存知のとおり、12月25日ですが、イースターは「立春を過ぎた最初の満月の後の日曜日」となっています。

 今年は4月24日がイースターです。イースターだけでなくどの日曜日の礼拝も大切です。どうぞ、礼拝においでください。

 聖書  安息日を覚えて、聖なるものとしなさい

 よい日となりますように。

 

 

  

 

 

|

« ふるさと | トップページ | 岐阜市「中将姫誓願桜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨みやげ:

« ふるさと | トップページ | 岐阜市「中将姫誓願桜」 »