« 雨 あがる | トップページ | 「せき健康の郷(さと)づくり」 »

2011年5月15日 (日)

たどたどクッキング

0002

  自分で作れる料理のレパートリーを広げようと、今回は「てんぷら」に挑戦。

 参考書は『暮らしの手帖』48号

(2010年10-1月号) 暮らしの手帖社

 の「てんぷら入門」という特集のページです。

 戸惑ったのは、野菜を揚げる温度は175度、魚介類は180度とあるのに、家内は、「三つ葉とエビを合わせたかき揚げをつくりましょう」とのこと。

 うーむ、野菜とエビを一緒に揚げるとなると、その中間の温度がいいのでしょうか。 初心者にいきなり応用問題 ・・・ 信頼されているのか、単にそういうてんぷらが食べたくなっただけなのか、判断に迷います。

 家内の話だと、こういうときは野菜に合わせるのだそうです。

 それに素直に従うとして、次なる問題は、油の温度を測る温度計が、そもそも我が家にはないのだとのこと。

 「料理は科学」と話す家内が、このあたり割合、アバウト ・・・ いえいえ、経験を積んだ主婦とは、「欲するままにおこないてのりをこえず」の域に達しているのでしょう。

 なんだかんだを乗り越えて、写真のようなてんぷらが出来上がりました。

 わがものと 思えば軽し 傘の雪 という句があるようですが、

 我が手になると思えば 美味なり というところでしょうか。

 さて、今日も、よい日となりますように。

 今日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 雨 あがる | トップページ | 「せき健康の郷(さと)づくり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たどたどクッキング:

« 雨 あがる | トップページ | 「せき健康の郷(さと)づくり」 »