« ぶどうの実る季節 | トップページ | 大村はま先生の涙 »

2011年8月 8日 (月)

夏たけなわ 高校野球

0005

 8月6日の全国高校野球選手権大会の入場式をテレビで観て、整然と、そして胸をはって元気に入場する選手たちの姿を見て、胸が熱くなりました。

 その直前の広島からの平和式典で、特に子ども代表・・・広島市の小学六年生二人・・・が堂々と語る姿もすばらしいと思いました。

 暑い夏には、胸が熱くなることも多いのかも知れません。

 さて、今年の岐阜県の代表は、関商工 ・・・ 今も日本刀を鍛える刀鍛冶がいる関市にある高校です。

 ラグビー部が強い高校でしたが、今年は野球部が激戦を積み重ねて念願の甲子園初出場となり、ごらんのように、関市のスーパーマーケットにも大きな掲示がされ、今日、8月8日、如水館と対戦する関商工を店内の大画面テレビを観ながら応援しましょうと呼びかけられています。試合終了後に300名にメロンパンが配られるそうですよ。

  ベンチ入りする関商工の十八人の選手の内十三人が長男だそうです。(他のチームのことは分かりませんけれど。)

  監督は、選手一人一人が自分で主体的に判断してプレーできるチームを育てるために、3分間スピーチを位置づけ、そのスピーチに備えて新聞や書物に目を通す野球部員の姿がひんぱんに見かけられたそうです。

 取材のときも、それぞれの選手が自分の考えをしっかりと話す姿が報道陣にも好評だそうで、私はこうした構え、力は甲子園での試合だけでなく、一生の財産になることではないかと、監督の確かな展望、豊かな見識を見る思いがしています。

 ぜひ、今まで鍛えてきた力を発揮して、すばらしい試合をして欲しいと思います。

 今日も、よい日となりますように。

 

|

« ぶどうの実る季節 | トップページ | 大村はま先生の涙 »

コメント

  残念ながら1回戦で敗れましたが、関市は盛り上がっていたようですね。
  北川英治監督は高校時代の後輩で、野球一筋の人間です。私が三年の時、1年生でした。守備がうまく、ショートをやっていました。
 毎年、チームの様子は見ていますが、今年のチームが代表になるとは思いませんでした。
  試合は敗れましたが、延長戦になった内容はまずまずで、県内関係者もまあしょうがないか、と思っていただけると幸いです。再三のピンチを守備で乗り切りましたが、よく練習してあったと思います。打てないのは昔からで、打力に課題があります。県内の有力選手がよそへいってしまう現状の中で、よく鍛えたなと感心します。選手が集まるようになると大型チームがつくれるようになります。そのときは強いでしょう。

※ ムーミンパパより  コメントありがとうございます。

  そうですか、小島さんの後輩が育てたチームなのですね。延長13回まで戦って2対3ということで、力も拮抗していたのだろうと思います。

 今年の活躍が、大型チームを作る契機になるといいですね。

 朝のテレビでは、8月8日が立秋であることと、猛暑日になることが報じられていました。若人たちの熱戦を観ながら、暑い夏を乗り切る力をもらう私です。 どうぞ、おすこやかでお歩みくださいますように。

投稿: 小島 | 2011年8月 8日 (月) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏たけなわ 高校野球:

« ぶどうの実る季節 | トップページ | 大村はま先生の涙 »