« シューベルト | トップページ | 『頼山陽』 見延典子著 »

2011年8月22日 (月)

芙蓉の花

0004

 小雨の公園に、芙蓉の花を見かけました。

 甲子園野球の決勝戦も終わり、少しずつ秋に向かうのでしょうか。

  芙蓉は夏の花ですが、そろそろ秋の花、そしていろいろな実が楽しみな季節に入りますね。

 

0002_2

 『日本外史』を著した頼山陽は、手紙の名手でもあったそうですが、彼のしたためた書状の絶筆は「芙蓉、始めて一花を吐く」だったそうです。 

 さて、この公園に咲いている芙蓉、白、赤 ・・・ どちらの色もいいなあと感じました。

 赤と白から、運動会を連想しました。 あとしばらくは夏休み・・・、でも応援リーダーの練習が始まっている学校もあるでしょうか。

 さて、今日も、よい花の咲く一日となりますように。

|

« シューベルト | トップページ | 『頼山陽』 見延典子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芙蓉の花:

« シューベルト | トップページ | 『頼山陽』 見延典子著 »