« 夏から 秋へ | トップページ | まいたけの土手鍋風 »

2011年9月 5日 (月)

窓を開いて

0003

  とっても自主的に「みどりのカーテン」を形成して涼感をプレゼントしてくれている我が家のゴーヤー ・・・ 実りのシルエットが映るので窓を開きました。

 すると、三個の実が風に揺れながら手招きしているではありませんか。

 上部の一つと、左下の二つの中から一つを、家の中から収穫いたしました。

 畑主任の役目を家の中に居ながらにして果たすことが出来る ・・・ なんという幸せなことでしょう。

 収穫してから数分後、ゴーヤーはたっぷりと鰹節を振りかけられて食卓に登場していました。

 

 これ以上の新鮮野菜というのは、ちょっと望めないですよね。

 今日も、心の窓を開くと、収穫するばかりになっている実りが待っているようなよい日となりますように。 ・・・ 開いた窓にゴーヤー 棚からぼた餅

 ・・・私が学生のとき、ある先生が「棚からぼた餅が落ちてくるためには、ちゃんとぼた餅を作って棚に置いておかなくてはいけない」と、鍛えてくださいました。 うーむ、自分が作らなくても他の人の労作の実りにあずかるというのも、しっかりと嬉しいですけれど ・・・ アリとキリギリスのお話 あの中間ぐらいがいいのではないでしょうか。 少年老いてしまい 光陰矢のごとしを実感しつつ。

 

|

« 夏から 秋へ | トップページ | まいたけの土手鍋風 »

コメント

  ご無沙汰しております。
 イラスト入りの岐阜県音楽療法士の素敵な名刺を製作していただきお礼も伝えないまま、随分前に受け取っていたんですが、申し訳ありません。そして、ありがとうございました。
 いろいろな場面での音楽とのつながりやご活動には見習うばかりです。
 実は今日、名刺デビューだったんです。といっても実践現場のお願いに行ってきたんですが、実践はこれからです。
まずは頑張ります。

※  ムーミンパパより  

 ブログを訪れていただき、コメントをありがとうございます。
岐阜県音楽療法士の同級生と申しましても、同級生最年長の私とは親子ほど違う若さ ・・・ よき実践の場を開拓されて、ますますお力を磨き上げてくださいますように。

 音楽療法士の名刺につきましては、また、いつでもリクエストくださいますように。  ご活躍を祈りつつ、私も、たどたど(ドタドタかな)お邪魔にならないように励んでまいります。

 この9月も、素敵な日々となりますように。

投稿: 岐阜県音楽療法士 同級生 | 2011年9月 5日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窓を開いて:

« 夏から 秋へ | トップページ | まいたけの土手鍋風 »