« 万年筆は 大人の あかし | トップページ | 楽器のお話 「ツリー チャイム」 »

2011年9月13日 (火)

満月は千両役者

0003

 「よっ、千両役者!!」と声をかけたくなるような、昨夜(9月12日)の月でしたね。

 山を離れ、雲に入ろうとする満月 ・・・ 中秋の名月と満月とが一致するのは6年ぶりのことだとか ・・・ と受け売りで書きながら、イマイチ、よく意味が分かっていない私です。

 すみません。

 とにかく、この月を愛でながら、団子 ・・・ あんこに覆われた団子は、お月見用ではないかもしれませんが、おいしくいただきました。

0004

  まーるい月を見ようと、夕顔が一輪、開花しましたので、パチり

 空に月 地には夕顔  円満に

 散歩終え お色直しの月を待つ

※ 散歩中に、かなり高くまで昇った月が、帰宅しますと、まだ山の陰にいたのです。

 今日も、よい日となりますように。 いえ、欠けたところがない、というほど高望みはいたしません。

|

« 万年筆は 大人の あかし | トップページ | 楽器のお話 「ツリー チャイム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月は千両役者:

« 万年筆は 大人の あかし | トップページ | 楽器のお話 「ツリー チャイム」 »