« すてきなおもてなし | トップページ | よき季節 »

2011年10月17日 (月)

音楽に浸った時間

0005

 16日(日)、合唱フェスティバルという催しに行ってまいりました。

 東日本大震災に遭われた方々を慰めようと、義援金を募り、岐阜県内の八つの合唱団が趣旨に賛同して開かれたコンサートです。

 女声合唱・男声合唱・混声合唱、児童合唱、そして「ウイーン岐阜管弦楽団」の演奏など、真心のこもった音楽にひたすら浸らせていただいた時間でした。

 フィナーレは、復興讃歌「つながる手と手、世界の友情」 

 詩 森 みち さん

 曲 平光 保 さん

を、会場全体で歌い上げ、感動が会

0003

場に渦まきました。

 音楽の力を、新しい思いで体験させていただきました。

 厳しい練習、修練を重ね、一人一人が自分の最高のものを差し出してそれがひとつの音楽を創り上げたとき、総和ではなくて、大きな相乗作用が働いて、かけがえのない音楽が生まれる ・・・ そういう思いを抱きました。

  本当にありがとうございました。

  今日も、周りの方とすばらしいハーモニーを創り出すよい日となりますように。

  

 

|

« すてきなおもてなし | トップページ | よき季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽に浸った時間:

« すてきなおもてなし | トップページ | よき季節 »