« いがぐり  | トップページ | ゴールを見据えて »

2011年10月24日 (月)

小さなものほど指定席へ

 「どの引き出しでも、遠慮なくご覧ください」 ・・・ 家の中の整理に真剣に熱心に取り組んでこられた方が、整理に悩んでいる方、整えてはいるけれど、さらにその上の整理を目指したい方々に、ご自分の家を公開してお役に立てたいという企画を実行に移されました。

 これは、すごいことだと思います。私など、「あっ、そこだけは武士の情け、開けないで」という場所のオン・パレードになること、請け合いです ・・・いえ、こんなことを請け合っても何も自慢にはなりませんけれど。

 その方のことは、もう少し詳しくご紹介する機会を設けさせていただくことにして、今日は、八木重吉の「ねがい」という詩を紹介させていただきます。

 ねがい   八木重吉

 どこを

 断ち切っても

 うつくしくあれば いいなあ

 どこを  ・・・ 自分の心の中のどの部分も  あるいは、歩んできた人生の どの一瞬も

 そのどの断面を見ても、うつくしくあれば ・・・ というのですが、詩人に限らず 「あっ、そこだけは見るに堪えませんから開けないでください」というところがあると思います。

 そのことを自覚すればするほど、うつくしくありたいというねがいは強まらずにはいない・・・そういう詩ではないでしょうか。

 ブログを書き始めて、何回か紹介させていただいたこの詩ですが、もう一度、新しい気持ちを込めて、書かせていただきました。

 今日という日、美しい心で、曇りのない一瞬一瞬を目指すことができますように。

  

|

« いがぐり  | トップページ | ゴールを見据えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなものほど指定席へ:

« いがぐり  | トップページ | ゴールを見据えて »